印鑑書体の選び方

篆書体(てんしょたい) 漢字の基本。
典雅、流麗にして重厚、風格のある印影をつくります。
実印に限らず全ての印鑑に適します。
(個人実印/銀行印/認印・法人実印/銀行印/角印に最適書体)
印相体(いんそうたい) 添書体を基礎にして意匠化したもの、印象が柔らかと、今最も多く使われている優れた書体です。
(個人実印/銀行印/認印・法人実印/銀行印/角印に最適書体)
古印体(こいんたい) 隷書体をもとに、丸みを加えた書体。
大和古印の伝統を受け継いだ日本独自の書体。
(個人実印/銀行印/認印・法人実印/銀行印/角印に最適書体)
楷書体(かいしょたい) 日常用いている、馴染み深い標準書体。認印にむいています。
(個人認印/法人角印に時々使われます。)
隷書体(れいしょたい) 秦の時代につくられた実用書体。
添書を簡略化し直線的にしたもので、バランスがとれ読みやすい書体。
(個人実印/銀行印/認印・法人角印に時々使われます。)
行書体(ぎょうしょたい) 楷書体を崩して書きやすくした書体。女性に好まれている。
(女性実印/銀行印/認印に時々使われます。)

 

ページ上部へ戻る