印材の特徴と選び方

特選象牙 印材としては最高。加工性、耐久性に優れ、光沢、重量感に優れ、朱肉とのなじみも良く、印影が鮮明。使う度に風格がでてきます。外皮層・・・組織の荒さが目立ち、硬度の高い部分と低い部分が混在している様子が良くわかります。しかし肌に表れる模様を好んで愛用される方もおられます(特選象牙)

ワシントン条約批准後輸入禁止となりましたが、それ以前の輸入品は(認定シール)がついて正規に流通しています。

特選牛角 象牙に次ぐ高級印材。白っぽいアメ色をした美しい印材。美しく、加工性に優れた品質で中心層を加工した芯持印材が好まれます。
印材全体にこげ茶色の模様が入った柄物で、模様が美しく、同じ模様がないきれいな印材で女性に人気。
当店では全てこだわりのオーストラリア産オランダ水牛を使用しています。
黒水牛 水牛の角を加工し、漆黒に染められたもの。粘りがあり印材てきしています。中心層を加工した芯持黒水牛が好まれます。
アグニ アグニという印鑑素材は、天然木材のバーチ材(カバノキ科の建材)にフェノールレシンという樹脂をを高圧加熱処理して造った人工素材のハンコです。

特徴は、輝くような赤褐色と高耐久性です。
これまでの木製素材と比べると、割れや歪みが少なく、変形にも強く、長期の使用に耐えられます。
また、押印した時の陰影がキレイなので、はんこの新しい素材として注目されています。

ただ、元々の素材は天然木であるため、極度の乾燥や湿気に弱いので注意が必要です。
印鑑ケースに入れて保管するようにすれば大丈夫です。

アグニという名前は、インドの神話に登場する火のカミサマが由来です。
炎のように赤をイメージする印材だったので、炎のカミサマ、カマドや台所のカミサマであるアグニ神にあやかり名前がつけられました。

薩摩本柘 植物性の印材として古くから使われてきたもの。繊密で固く、繊細な彫刻ができる見た目も美しい印材。当店では厳選された薩摩本柘のみを使用し、アカネ、シマ柘、シャム柘等の材料は一切使用していません。
ページ上部へ戻る